忍者ブログ

人生日記511~

日常を書き殴っている日記。たまに写真あり。 書いてる人は緘黙症、これを直すのが静かな目標。

[7003] [7002] [7001] [7000] [6999] [6998] [6997] [6996] [6995] [6994] [6993
2009'12.21.Mon

http://birdsanctuary.blog.shinobi.jp/Entry/6960/この記事を使った小説のような何か
カテゴリーは未選択。今のところ。





今日はひどかった



英語 「休んでる人は・・・いませんね」


いや 2人もいるぞ~^^; 視野狭いなぁw 

KN、怪我してて ジャージでいるときがあったけど、2、3回目の授業でやっと気付いてたからねwしかも得意げにwwwww
「お前なんでジャージなんだ?」 という感じでね。

と思っていると

英語 「あ、1人いましたね」


2人いますね^^;




その後


英語 「○○さ~ん」


誰か 「休みです」


英語 「え? 休みなの? うっそ~?^^; 


うっそ~じゃねーよタコ


自分の視野の狭さから逃げんじゃねーよカスヤロー


というか 何が うっそ~ よ・・・。

逃げの言葉以外に解釈できないですよ 実際これ・・・。



そして 更に こういった


英語 「当てられると思って休んだって思っちゃうんですよねぇ~^^;」


死ねよ

どんな卑劣な疑いだよ・・・

低俗低レベル・・・

そもそも 例えば 出席番号=日にち のときならまだしも そういう状況でもない人が何で 当てられると思うっと考えるの?未来予知できると思ってるの?


生徒を疑う態度、カスのくせに自信家、誤魔化し、言い訳、逃避・・・。

生徒を疑う、ねぇ。教師がそんなことじゃね・・・。

というか 「独自の教授法をしている」 とかいってるけど、別に独自でもないし、逆に 独自ってお前どんなお偉いさんだよ、と。大したことないのに独自とかやめろ。迷惑。

その自信+見下した感はひどいよ


と思っていると、さすがにこれには 班長もキレた。

 

班長 「お前、最低だろ」


班長は立ち上がっていた。


英語 「おい、お前なんていった?」


英語は怒った。この班長の一言だけで、ね。
悪いのお前だろ、ということはみんなが思っていたと思います。


場は静まる。


班長 「お前が最低だっつってんだよ、聞けよな」


英語 「何だその態度? 「お前」?あぁ?ふざけんなよ?コラ」

 

思いました


「口調wwww」 と。


終わったな、この教師。


しかし、場はあくまでも静かなのです。

しかし、この英語の弱そうな声とのギャップが激しい言葉にみんな心の中では笑っていたと思います。

 

班長 「口調変えて俺がビビると思ってんじゃねーぞ?」


そういって、班長はとうとう 席を離れ、英語に近づいた。

 


班長 「お前、謝れよ!!俺らをバカにしてんだろ!?いっつもよぉ!?態度気にくわねぇんだよ!!」


英語 「調子乗ってんじゃねーよコラ・・・後で職員室こい」


班長 「謝れっつってんだよ!!」


班長は両手で英語の胸倉を掴んで黒板まで押した。

英語は黒板にぶつかり、表情が固まった。


英語は、このとき、心底怖がっていた。
誰が見てもそれは明らかだった。

 

英語 「・・・・・・・・・」


班長 「・・・おい」


英語 「・・・・」


班長 「土下座しろよ」


英語 「・・」


班長 「しろよ!!」


班長は英語を突き放した。
英語の足は震えていた。

一歩前に進み、英語は膝を着き、そして土下座した。


英語 「すいませんでした・・」


班長 「聞こえるように言えや!!」


英語 「す、すいませんでした!!」

英語はかすれ、甲高い声で言った。
泣いているようだった。

このとき、教室内は普段のうるささからは考えられないほど静まり返っていた。

日常起こるような出来事という範疇を超越していて、このクラスにはあまりにも非現実的なことだった。

そして、誰もが「これはやりすぎだ・・・」と思っていた。退学、そんな言葉が頭をよぎる。

皆は班長を 英語を屈辱の底へ至らしめた英雄として崇めるのではなく、恐れた。

普段の優しい班長の姿とはかけ離れていた。表情も、声も、動きも。


この後、英語は立ち上がり、うつむきながら荷物を持って、教室を無言で出て行った。

その後の気まずすぎる教室内の空気を変えることは、不良にすら出来なかった。


 


br_banner_kujira.gif
PR
Post your Comment
Name:
Title:
Mail:
URL:
Color:
Comment:
pass: emoji:Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ごんw
これ、フィクションだと思うけど、

本当にありそうなんだけど・・・

>>英語はかすれ、甲高い声で言った。

wwww


>>この後、英語は立ち上がり、うつむきながら荷物を持って、教室を無言で出て行った。

何だと・・・


班長・・・ 良く知らない人物だが・・・ すごいね・・・
白銀鳥: URL 2009.12/21(Mon) 21:43:31 Edit
おひーぃw
続きあるんで宜しくw
黒鴉(監督): 2009.12/21(Mon) 22:40:48 Edit
trackback
この記事のトラックバックURL:
«  BackHOME : Next »
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1
4 5 6 7 8 9
11 12
17 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
黒鴉
性別:
男性
自己紹介:
北海道に住んでます。
この人生日記では、日記とか、たまに写真とか、メモとか書いています。
カウンター
今見てる人
ブログ内検索

人生日記511~ wrote all articles.
Powered by Ninja.blog * TemplateDesign by TMP  

忍者ブログ[PR]